Proj
J-GLOBAL ID:202104009938226921  Research Project code:09157953

無機ガラスに負けない耐傷付性を有する高機能樹脂ガラスコーティング技術の開発

無機ガラスに負けない耐傷付性を有する高機能樹脂ガラスコーティング技術の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 西部工業技術センター, 副主任研究員 )
Research overview:
研究代表者らは、樹脂表面にプラズマCVDの手法によりコーティングを行うことで、無機ガラス以上という耐傷付性能を有する透明樹脂作製の技術シーズを確立した。しかし、実用化に当たって作成コストが課題となっている。そこで、これまでの知見をもとに、硬化性樹脂により作製していた中間層を含め工程全般にプラズマプロセスを採用し、薄膜の物性を制御しながら作製時間を短縮したプロセスを開発することで、耐傷付性を有する樹脂ガラスを高効率で作製する手法の確立を目指す。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page