Proj
J-GLOBAL ID:202104010026950180  Research Project code:7700000975

量子鍵を用いた次世代量子暗号プロトコル

量子鍵を用いた次世代量子暗号プロトコル
National award number:JPMJPR03T5
Study period:2003 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学系研究科, 助教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR03T5
Research overview:
従来の量子暗号のプロトコルは、量子状態を用いて古典的な暗号鍵を配布することにより、古典情報の安全な通信を可能とするものでした。一方、量子情報科学技術が進めば、「量子情報のための暗号」が必要となります。そこで本研究では、エンタングルメントを量子情報のための暗号鍵として用いる「量子鍵」の概念を提唱し、様々なタイプの量子鍵プロトコルを探索します。更に、量子鍵のアイディアを量子認証・量子多者間プロトコル・量子署名等の量子暗号プロトコルへと応用することを目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子と情報
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page