Proj
J-GLOBAL ID:202104010059646290  Research Project code:1150113

持続可能な社会の実現「新たな資源循環サイクルを可能とするものづくりプロセスの革新(本格研究)」

持続可能な社会の実現「新たな資源循環サイクルを可能とするものづくりプロセスの革新(本格研究)」
Study period:2019 - 2023
Organization (1):
Management supervisor: ( , 参与/参与 )
Research overview:
これまでの大量生産・消費社会において、多くの製品は使い捨てを前提に性能と価格を重視して設計されてきましたが、将来的に確実に起こる世界的な資源逼迫・枯渇への対応のため、資源を高効率に利用する"資源循環型ものづくり"への移行が強く求められています。資源の有効利用は、科学技術の進歩や社会の変容に対応し、鉄から稀少元素・プラスチックへと範囲が広がり、再生利用からより効率の高い再利用・長期利用へと循環サイクルが徐々に変わりつつあります。 本重点公募テーマは、社会や産業の変容に対応する産業競争力の向上および世界的に逼迫している鉱物資源(金属資源・非金属資源)と化石資源の材料としての持続的利用や環境保全を促進するため、材料の選択から製品(構造物を含む)の設計・製造・使用・分離・再(生)利用までのサイクル全体を最適化し資源効率性を飛躍的に向上させる、材料設計・製造・分離などの研究開発を行い、ものづくりの新たなプロセスを創出することを目指します。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Branch Research Project (1):

Return to Previous Page