Proj
J-GLOBAL ID:202104010067657136  Research Project code:08069670

AE法及び画像相関法の併用による木材接合部損傷モニタリング技術の開発

AE法及び画像相関法の併用による木材接合部損傷モニタリング技術の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 構造利用研究領域 )
Research overview:
1980年代より大規模化してきた木質構造物は今後寿命を迎え、台風や地震などによって蓄積された損傷のモニタリング技術の開発が急務となっている。本研究ではAE(アコースティックエミッション)法と、損傷位置等を特定可能なデジタル画像相関法を併用することによって、AE信号処理の高精度化を図り、木質構造物の要となる接合部の損傷検出システムの開発を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page