Proj
J-GLOBAL ID:202104010123323793  Research Project code:10102144

有機1次元フォトニック結晶を用いた高感度テラヘルツ測定システムの開発

有機1次元フォトニック結晶を用いた高感度テラヘルツ測定システムの開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学部 )
Research overview:
本研究では最終的にはTHz域の1次元フォトニック結晶と可視域の1次元フォトニック結晶を組み合わせた新規の二重共鳴構造によりTHz波の発生および検出を増強した測定システムを構築することが目標である。具体的には(1)THz帯1次元フォトニック結晶における100倍以上の増強効果の達成(2)ポールドポリマーを含む可視域1次元フォトニック結晶の作製とTHz発生確認を掲げた。(1)に関しては発生で12倍、検出で4倍強と全体で50倍程度の増強が得られている。また測定分解能を上げればさらに大きな増強が得られていると考えられる。(2)に関してはまだ達成していないが、ポールドポリマーの作製にはほぼ成功しており、今後もTHz発生実験と1次元フォトニック結晶サンプル作製の研究を継続する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page