Proj
J-GLOBAL ID:202104010140708542  Research Project code:10101604

腸内共生系におけるエピジェネティックな免疫修飾

腸内共生系におけるエピジェネティックな免疫修飾
National award number:JPMJPR10SA
Study period:2010 - 2013
Organization (1):
Principal investigator: ( , 免役・アレルギー科学総合研究センター, 上級研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR10SA
Research overview:
免疫系は最も高度に発達した高次生命システムの一つです。近年、免疫系の成立においてエピジェネティツクな制御が必須な役割を果たすことが明らかになりつつありますが、その仕組みには不明な点が数多く残されています。本研究では共生細菌による免疫エピゲノム修飾機構を明らかにすることで、免疫関連疾患の病態解明と治療技術の確立へ向けた分子基盤の構築をめざします。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: エピジェネティクスの制御と生命機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page