Proj
J-GLOBAL ID:202104010310303798  Research Project code:12101718

触媒的不斉ドミノ反応を基盤とする実用的分子変換

触媒的不斉ドミノ反応を基盤とする実用的分子変換
National award number:JPMJCR12YK
Study period:2012 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 産業科学研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12YK
Research overview:
本研究では、本研究代表者らが開発した特異的な反応促進作用を示す世界初のイソオキサゾリン配位子SPRIXと、二重活性化型有機分子触媒など複数の触媒を固定化したハイブリッド触媒により、それぞれの触媒部位が独立に連続する反応を促進することで、他の方法では得られない光学活性医薬資源の効率的合成を行います。固定化には、本研究代表者らの開発したミセルの固定化によるナノ粒子の構築や金属架橋型触媒の活用も検討します。回収・再利用可能な触媒は、触媒量を格段に少なくすることと同等の効果を示すため、省資源・環境調和型不斉反応プロセスへの展開が可能です。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 低エネルギー、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page