Proj
J-GLOBAL ID:202104010330106190  Research Project code:20344983

氷点下でも直播可能な種子のポリマーコーティング技術の開発

氷点下でも直播可能な種子のポリマーコーティング技術の開発
National award number:JPMJTM20AF
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20AF
Research overview:
道内畑作重要品目であるビートは、農業者人口の減少と高齢化のため今後は直播栽培が主流になるが、直播でも春期の農作業の重なりは解決できない。そこで播種時期を考慮せず低温の農作業閑散期に直播を可能とするため、Tgが室温以下のポリマーを種子コーティングする事で低温時は吸水による発芽を阻害し、気温がTg以上に上昇してポリマーが溶けて発芽する事を見出した。本研究課題では、この成果を基に適切な時期に発芽できるように剥離のタイミングの最適化を行うため、ポリマーの分子量制御による粘度調整を検討し、剥離に最適な分子量と粘度の範囲を決定して特許出願、取得を目標とし、コーティングによる冬期直播栽培法の実用化につなげる。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page