Proj
J-GLOBAL ID:202104010380627515  Research Project code:08062823

高次構造制御による膜タンパク質機能発現リポソームの構築

高次構造制御による膜タンパク質機能発現リポソームの構築
National award number:JPMJPR08M7
Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Principal investigator: ( , 物質-細胞統合システム拠点, 特定研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR08M7
Research overview:
膜タンパク質の生成と機能の制御は、すべての生き物にとって、細胞の内外の架け橋となる重要なものです。本研究では、細胞の「内⇔外」の物質/状態の架け橋である膜タンパク質に着目し、その機能が膜の模様や形によって制御できるかどうかを解明します。その結果、生きた細胞と物質や状態をやり取りする機能を持つような人工細胞モデルの構築を目的としています。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 界面の構造と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page