Proj
J-GLOBAL ID:202104010385777540  Research Project code:18069421

低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出

低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出
National award number:JPMJOP1832
Study period:2018 - 2023
Organization (1):
Central institution:
Research overview:
パリ協定の「2030年度GHG排出量を2013年度比26%削減」は待ったなしである。そのためCO2削減効果の大きい微細藻バイオマスを原料としたバイオ燃料の実用化に期待がかかっているが、高い製造コストが障壁となっている。一方、微細藻類には酸化防止剤、天然染料、多価不飽和脂肪酸などの有用物質が含まれており、化粧品、栄養補助食品、飼料などとしてすでに利用されている。このことから、3,000株のライブラリーから選抜した微細藻類を原料とした有用物質生産とバイオ燃料生産を実現し、それらを統合したバイオリファイナリー・プロセスを創出することにより、バイオ燃料の製造コスト削減し、バイオ燃料の早期実用化を図る。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page