Proj
J-GLOBAL ID:202104010434714605  Research Project code:10100351

人工癌幹細胞を用いた分化制御異常解析と癌創薬研究

人工癌幹細胞を用いた分化制御異常解析と癌創薬研究
National award number:JPMJCR08I6
Study period:2008 - 2013
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR08I6
Research overview:
マウス正常体細胞に特定の遺伝子操作を行うことで、自己複製能と分化能、腫瘍形成能を有する癌幹細胞(induced cancer stem cell: iCSC)が誘導でき、分化度および細胞外マトリクス相互作用を変えることで腫瘍形成能が抑制できました。そこで本研究では、各種iCSCを用いて分化度とニッチ機能を定量化できるアッセイ系を構築し、それを制御できる化合物や抗体などを取得することを目的とします。また、癌治療創薬の標的として用いるべく、ヒト正常体細胞からのiCSC作製を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page