Proj
J-GLOBAL ID:202104010490208410  Research Project code:08069865

酢酸カルシウム系多機能凍結防止剤の開発

酢酸カルシウム系多機能凍結防止剤の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , マテリアル工学科, 准教授 )
Research overview:
北海道オホーツク圏で発生するホタテ貝殻は年間15万トンにも達し、その有効利用法の開発が緊急の課題となっている。現在、多くのアイディアが実践され、すでに一部商品化もなされているが、廃棄貝殻全量の処理には遠く及ばないのが現状である。本研究では廃棄ホタテ貝殻を原料として、環境にやさしい酢酸カルシウムを主成分とした、多機能複合凍結防止剤を開発し、その融雪能力等を評価する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page