Proj
J-GLOBAL ID:202104010507462588  Research Project code:11101862

室温イオン液体電解液を用いるリチウムイオン二次電池用黒鉛系負極の高性能化

室温イオン液体電解液を用いるリチウムイオン二次電池用黒鉛系負極の高性能化
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学研究科, 准教授 )
Research overview:
本研究では、リチウムイオン電池の安全性向上対策として不燃化技術を構築すべく、熱安定性の高いビス(フルオロメチルスルホニル)アミドアニオンを含む室温イオン液体中での黒鉛系負極の初期特性の改善を検討した。現行の有機溶媒系電解液中での初期特性には若干及ばないものの、室温イオン液体中の黒鉛系負極の初期特性に影響を及ぼす因子として、黒鉛の形状・サイズおよびバインダーの種類であることを見出した。さらに、黒鉛系負極/室温イオン液体電解液での界面制御に及ぼす基礎的知見として、初回の充電過程では黒鉛の種類に関わらず、室温イオン液体の還元分解による生成物が黒鉛電極の表面に堆積することを明らかにした。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page