Proj
J-GLOBAL ID:202104010562478442  Research Project code:15665957

スピンゼーベック発電増大に向けた新材料と新構造の探索研究

スピンゼーベック発電増大に向けた新材料と新構造の探索研究
National award number:JPMJPR15R8
Study period:2015 - 2018
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院システム情報科学研究院, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR15R8
Research overview:
温度差を利用するスピンゼーベック発電において、現在pW級の発電密度をuW級へと向上する実現可能性を示します。具体的には、これまでにない材料組成や微細構造を導入し、発電密度を決定するスピンホール角、スピンミキシングコンダクタンス、マグノンの温度差といった物理パラメータを増大します。アイデア検証を進め、実験結果に基づき発電密度のポテンシャルを見積もり、エナジーハーベストへの貢献を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page