Proj
J-GLOBAL ID:202104010675922292  Research Project code:11104210

黒米の新規成分による網膜内皮細胞障害に対する作用解明

黒米の新規成分による網膜内皮細胞障害に対する作用解明
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 薬学部, 准教授 )
Research overview:
糖尿病網膜症等の眼疾患予防素材の創生を目的として、眼疾患の発症および進行の危険因子である網膜内皮細胞障害に対する黒米抽出物のアントシアニン以外の新規成分の作用を解明する。今回の検討で黒米抽出物から2-hydroxy-5-[(3S)-3-hydroxybutyl]phenyl-β-D-glucoside (HHPG)の単離・精製を行った。また、高グルコース誘発の網膜内皮細胞障害モデルを確立した。また、この試験系を用いて黒米抽出物、HHPGおよび含有アントシアニンについて評価を行った結果、高グルコース誘発の網膜内皮細胞障害抑制作用が明らかとなった。さらにその作用メカニズムとして、活性酸素種(reactive oxygen species:ROS)産生抑制作用も明らかにした。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page