Proj
J-GLOBAL ID:202104010753945512  Research Project code:08069182

妊娠・授乳期の健康管理ポータブルデバイスの開発

妊娠・授乳期の健康管理ポータブルデバイスの開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生活環境学部, 准教授 )
Research overview:
現在の妊娠高血圧症には含まれていないが、むくみは妊娠期の健康管理の目安である。また、妊娠期から授乳期において骨密度が大きく変化することが考えられる。これらの2つを簡易に測定でき、利用者が自身の身体変化が容易に理解できる表示機能を有した健康管理デバイスの開発を目的とし、本研究では生体電気インピーダンス法を用いた体液バランス測定の応用と、骨伝導から骨の健康状態を推測できるポータブルデバイスを開発する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page