Proj
J-GLOBAL ID:202104010805906812  Research Project code:18068621

分子-金属界面の構造制御に基づくプラズモン誘起化学反応の制御

分子-金属界面の構造制御に基づくプラズモン誘起化学反応の制御
National award number:JPMJPR18T4
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 開拓研究本部, 研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18T4
Research overview:
金属ナノ構造に光照射することで励起できる局在表面プラズモン(近接場光)は、太陽光エネルギーを化学反応のエネルギーに高効率に変換する手段として期待されています。本研究は、プラズモニック触媒の実用化に向け、高効率な反応経路を提供する触媒の設計指針の獲得を目指します。分子と金属の間に触媒層を導入することでプラズモン誘起化学反応の経路を制御し、単分子レベルで反応素過程を解明、能動的な反応制御を実現します。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 電子やイオン等の能動的制御と反応
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page