Proj
J-GLOBAL ID:202104010863034906  Research Project code:19193556

内因性微粒子が駆動するウイルス関連疾患の理解

内因性微粒子が駆動するウイルス関連疾患の理解
National award number:JPMJPR19H5
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院 医学系研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19H5
Research overview:
ウイルス感染は様々な宿主応答を誘導し、多彩な病態を作り出します。本研究ではヒトに様々な疾患を起こすEpstein-Barウイルスを使って、ウイルス関連良性および悪性疾患において、感染細胞から放出される内因性微粒子がどのように関与するかを解析します。そして、ウイルス関連疾患における内因性微粒子の重要性の確立を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体における微粒子の機能と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page