Proj
J-GLOBAL ID:202104011048689988  Research Project code:19207503

5Dデジタルツイン技術による複合材料の長期持続使用

5Dデジタルツイン技術による複合材料の長期持続使用
National award number:JPMJMI19C6
Study period:2019 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学系研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJMI19C6
Research overview:
複合材料は繊維と樹脂からなり、複雑な破壊様式を示すために疲労・劣化の予測が難しく、持続可能な使用が困難である。ものづくりから使用中に至るまで、モノの寿命や強度を高精度に予測するツールができれば、限界設計 技術・安全性確保技術を確立でき、輸送システム等の大幅な省エネルギー化・輸送コスト最小化の実現に貢献することが可能となる。 そのためには、繰り返し負荷や環境条件による疲労現象(フィジカル)とその機構を解明し、疲労損傷を予測するシミュレーション(サイバー)と疲労損傷をモニタリングすることが必要となる。実使用中の材料のモニタリングデータと、損傷モデルシミュレーションによる疲労の累積状態、残留強度の推定とを比較することで、5Dデジタルツイン技術(3D+時間+モニタリングを統合する技術)を構築し、複合材の長期継続使用を可能とする。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 持続可能な社会の実現「モノの寿命の解明と延伸による使い続けられるものづくり」
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page