Proj
J-GLOBAL ID:202104011424784911  Research Project code:09158274

大地震を受ける在来軸組構法木造住宅の無損傷化を目指した応答制御システムの開発と実用的検証法の構築

大地震を受ける在来軸組構法木造住宅の無損傷化を目指した応答制御システムの開発と実用的検証法の構築
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科 )
Research overview:
在来軸組構法木造住宅およびダンパー付き耐力壁を有する制震住宅は、従来の住宅の必要壁枚数を減らすことが可能である。また耐力および靭性を兼ね備えた優れた性能を保有していることを構造力学的に解明する。本研究で提案する時刻歴応答解析による応答予測に基づき、限界耐力計算法、エネルギー法等の適用性を検討するとともに、簡略な検証法も整備する。さらに、本研究の成果に基づき実用的な計算シートを作成することも試みる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page