Proj
J-GLOBAL ID:202104011448263815  Research Project code:7700006404

スマート・ボルテックス・ジェネレータの研究開発

スマート・ボルテックス・ジェネレータの研究開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科 )
Research overview:
航空機の翼面などから流れが剥離しないように、流れを乱す装置をボルテックスジェネレータ(VG)と呼ぶ(図1)。従来、VGは、固定した形態の板を翼面上に設置したもので、離着陸時も、巡航時も、乱れを発生させている。離着陸の迎角の大きな時にはVGは必要であるが、最も時間が長い巡航時には単に抵抗にしかならない。従って、飛行状況に応じて、VGを最適な形態に制御することができれば、運動性能や燃費を著しく向上させることができる。そこで、本研究開発では形状記憶合金を用い、VGが必要な低空とVGが不必要な上空との70°C近い温度差を利用し、他にエネルギを供給することなしに形状が変化するスマートなVG(SVG)を設計し、実形態模型の試作と空力性能試験を行いたい。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page