Proj
J-GLOBAL ID:202104011546318180  Research Project code:09157383

家畜糞尿等の高含水率有機質汚泥の自己発熱による炭化プロセス

家畜糞尿等の高含水率有機質汚泥の自己発熱による炭化プロセス
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 農学部 )
Research overview:
家畜糞尿は主に肥料として利用されるが食料・飼料の輸入過多により肥料過剰の地域が出現している。家畜糞は有機物であり燃料利用が可能であるが、85%以上の高含水率であるためそのままでは燃料利用は困難である。代表研究者らはこのような家畜糞を自己発熱により100°C以上の高温へ導くプロセスを考案している。家畜糞尿等の水分を除去し、燃焼によるバイオマスエネルギー源としての利用が期待される。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page