Proj
J-GLOBAL ID:202104011786789148  Research Project code:14531398

統計的有意性を担保する超高速パターン発見技術の創出

統計的有意性を担保する超高速パターン発見技術の創出
National award number:JPMJPR1403
Study period:2014 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 産業科学研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1403
Research overview:
ビッグデータからの知識の抽出と、その知識の重要性を統計的に保証する仕組みを融合することで、知識の洗練と深化を実現します。具体的には、パターン列挙が計算量爆発を起こす問題と、多重検定に起因して偽陽性が増加する問題を同時に解決し、ビッグデータから統計的に有意に現れるパターン(規則)を効率よく検出する技術を開発することで、特に生命科学などの基礎科学分野において、新たな科学的発見を可能にする数理的基盤の構築を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page