Proj
J-GLOBAL ID:202104011838032520  Research Project code:12101591

慢性炎症におけるガイダンス因子の病的意義の解明とその制御

慢性炎症におけるガイダンス因子の病的意義の解明とその制御
National award number:JPMJCR1292
Study period:2012 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科 )
Research overview:
セマフォリンは当初神経ガイダンス因子として発見された分子群ですが、現在では神経変性疾患、骨代謝疾患、免疫疾患、網膜色素変成症、がんなどの「病気の鍵分子」であることが示されています。私たちは、これまで免疫反応に関わるセマフォリンの存在を世界に先駆け明らかにしてきました。本研究では、慢性炎症におけるセマフォリンの関与を解明し、「ガイダンス因子による慢性炎症制御」という新たな治療戦略に基づいた疾患制御の開発につながる成果を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

Return to Previous Page