Proj
J-GLOBAL ID:202104011931964115  Research Project code:11102173

自己集合するタンパク質を利用したタンパク質精製キットの開発及びクラスター効果を利用した物質生産方法の研究開発

自己集合するタンパク質を利用したタンパク質精製キットの開発及びクラスター効果を利用した物質生産方法の研究開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 農学部, 准教授 )
Research overview:
分裂酵母の細胞内で自己集結するタンパク質の性質を利用して、卓上遠心分離器による簡便な濃縮精製のプロトコルを作製した。任意の酵素を本自己集結するタンパク質の下流につなぎ、酵素クラスターとして活性を評価するまでには至らなかったが、ベクターの改善や自己集結するタンパク質の集結過程の人為的な制御によりユニークなタンパク質の簡易精製や酵素の機能評価に繋がることが期待された。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page