Proj
J-GLOBAL ID:202104012034837654  Research Project code:11104393

イントロン性マイクロRNA-33a/bの機能解析と新規動脈硬化治療法の開発

イントロン性マイクロRNA-33a/bの機能解析と新規動脈硬化治療法の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院医学研究科, 講師 )
Research overview:
我々はSREBP-2遺伝子のイントロン16にあるmicroRNA (miR)-33欠損マウスを作成し、血中HDLコレステロールが著増することを見いだした。このマウスをApoe欠損動脈硬化モデルマウスと交配したところ、著明に動脈硬化の抑制、脂質の蓄積の低下、および炎症細胞浸潤の抑制が認められた。またこのマウスのマクロファージ機能につき検討したところ、著明な脂質の引き渡し能の上昇と遊離コレステロールに対するアポトーシス抵抗性を認めた。骨髄移植実験においても動脈硬化巣の脂質の蓄積の低下を認めた。さらにmiR-33発現に影響を及ぼす化合物スクリーニングを行い、新規の動脈硬化抑制法の開発につなげる。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page