Proj
J-GLOBAL ID:202104012160532850  Research Project code:11101349

薬剤耐性かつ高温感受性変異株の解析に基づく抗生物質の標的分子の同定法の開発

薬剤耐性かつ高温感受性変異株の解析に基づく抗生物質の標的分子の同定法の開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院薬学系研究科(薬学部) )
Research overview:
本研究は、抗菌化合物の標的分子を同定するための新しい方法論の確立を目的としており、薬剤耐性かつ高温感受性変異株の解析により、その薬剤の作用点を明らかにできるか検証を行った。我々は、新規の骨格の抗菌化合物の標的分子の候補の同定に成功した。また、それぞれの抗菌化合物において標的分子の候補が異なっており、化合物特異的な標的分子の同定が行えることが示唆された。本方法により、1抗菌化合物が直接結合する標的分子の同定、及び2薬剤の作用機構に関与する分子(直接結合しない分子)の同定が行えることが明らかとなった。今後もさらに、本技術の適用範囲の拡大を視野に入れて開発を進めていきたい。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page