Proj
J-GLOBAL ID:202104012178549360  Research Project code:11101061

RNAを利用した新奇衛生害虫防除法の開発と応用

RNAを利用した新奇衛生害虫防除法の開発と応用
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生命農学研究科, 助教 )
Research overview:
害虫の生存必須遺伝子由来の二本鎖RNAを害虫に摂食させることにより、速効的な摂食停止と致死に至ることを発見した。本研究開発ではRNA農薬の実用化に向けたデータの取得を行った。広範な害虫種においてRNA農薬の有効性を証明するため、衛生害虫である3種のゴキブリから生存必須遺伝子をクローニングし、RNA農薬による防除効果を検討した。次に、各種害虫から得られた生存必須遺伝子の配列比較により、単一の標的害虫への特異性あるいは複数種に対する選択性は、自在に設計可能であることを示した。さらに、RNA農薬はナノ・グラムという極微量でも有効であることを明らかにした。今後は、本開発結果をもとに産学共同の研究開発を実施する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page