Proj
J-GLOBAL ID:202104012201021807  Research Project code:7700009445

激辛薬効成分の呈味性・水溶性改善および製造技術の開発

激辛薬効成分の呈味性・水溶性改善および製造技術の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科バイオ工学専攻, 教授 )
Research overview:
本試験では、微生物(大腸菌と酵母)細胞に本酵素遺伝子を導入することによって、高い配糖化活性を有する微生物を作製し、これを触媒として用いることで配糖化カプサイシンの大量合成を行うことを目的とする。具体的には、ヨウシュヤマゴボウ細胞からの他酵素遺伝子の有無確認、配糖体化酵素発現微生物の作製、組換え微生物細胞によるカプサイシン配糖体の合成条件の検討を行う。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page