Proj
J-GLOBAL ID:202104012250334845  Research Project code:7700009953

骨組織再生を支援する生体埋入型新素材の開発

骨組織再生を支援する生体埋入型新素材の開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命体工学研究科生体機能専攻 )
Research overview:
生体の本来有する組織再生能力を最大限に引き出し,損傷を受けた骨組織を再構築する再生医療の高度化が近年求められている。再生医療においては,体内で細胞が増殖する足場となる材料(スキャフォールド)の機能が,治療の成否を左右する重要な鍵となる。骨再生のためのスキャフォールドは,骨欠損部にブロックもしくは顆粒の形で埋入され,埋入初期には周囲の骨組織と強固な固定を達成し,骨再生に合わせて徐々に分解吸収される特性を求められる。しかし,この観点に立った高機能化は十分に進んでいない。 本研究では,骨再生を支援する新規なスキャフォールドを開発する。具体的には,安全性と骨親和性に優れた生分解性の高分子多孔体に,骨組織融合性に優れたアパタイトナノ粒子をハイブリッド化することで,骨再生に適した生体内埋入型新素材を得る。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page