Proj
J-GLOBAL ID:202104012267347720  Research Project code:09158085

光誘起作用と毛細管現象により優れた骨伝導能を有するインプラント材の開発

光誘起作用と毛細管現象により優れた骨伝導能を有するインプラント材の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医歯薬学総合研究科, 教授 )
Research overview:
失った歯牙の機能回復法として骨結合型インプラント治療が注目を集めている。本研究では骨量不足の部位においても、インプラント骨結合を確実にし、インプラント治療をより安全、かつ短期間に完了するために、光触媒超親水性効果ならびに毛細管現象を応用した、優れた骨伝導能を有するインプラント材の開発を試みる。さらに本光触媒抗菌効果を利用し、現在インプラント治療において問題となっている、インプラント周囲炎による骨吸収に対する再生治療にも繋がるもので臨床的価値は高い。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page