Proj
J-GLOBAL ID:202104012303617011  Research Project code:09157511

mTOR経路を標的とした新規樹状細胞機能制御法の開発

mTOR経路を標的とした新規樹状細胞機能制御法の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命医学研究所 )
Research overview:
代表研究者は、ごく最近、mTORが樹状細胞においてIL-10遺伝子発現の鍵分子として機能していることを明らかにした。mTOR経路を介したIL-10遺伝子発現制御は、T細胞・B細胞などに見られない樹状細胞特異的な現象であることから、本研究においてmTOR経路の下流で樹状細胞特異的にIL-10産生制御を担う分子の同定と、当該分子を標的としたIL-10産生制御法の確立を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page