Proj
J-GLOBAL ID:202104012306003910  Research Project code:7700006349

高分解能・高速CO2 濃度・速度同時計測システムの開発と応用

高分解能・高速CO2 濃度・速度同時計測システムの開発と応用
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科, 教授 )
Research overview:
気体には,熱線の加熱比(Over Heat Ratio)を変えることによって,速度Uと熱線の出力電圧Eの関係(較正曲線と呼ばれる)が変化する特性がある.このような較正曲線の加熱比依存性を生かし,2 本あるいは4 本の異なった加熱比の熱線を用いることによって,流速と濃度の瞬時値を一意的に決定できるセンサーを開発する.原理や理論的な基礎付けはすでに完成しており,プローブの製作上の問題点が解決されれば実用化可能である.高分解能・高速プローブを製作するには,プローブの小型化が必要不可欠であり,マイクロ加工,マイクロ溶接の技術を有する企業との連携が重要である.
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page