Proj
J-GLOBAL ID:202104012382878712  Research Project code:17936028

実践としての変革(Transformation):気候変動の影響を受けやすい環境下での持続可能性に向けた公平かつ超学際的な方法論の開発(TAPESTRY)

実践としての変革(Transformation):気候変動の影響を受けやすい環境下での持続可能性に向けた公平かつ超学際的な方法論の開発(TAPESTRY)
National award number:JPMJBF1801
Study period:2018 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 情報学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJBF1801
Research overview:
気候変動に伴う環境変化は社会の持続可能性に重大な脅威となっており、この問題の克服にはシステマティックな社会変革が必要となる。本課題では、低中所得国(インド)と後発開発途上国(バングラディシュ)において環境変動の脅威にさらされている地域を対象にした超学際的な共同研究を実施する。気候変動に脆弱な地域社会の持続可能性に向けた変革メカニズムを明らかにし、その変革を実践することにより、人々の生活の向上を目指すものである。
Research program:
Parent Research Project: 持続可能な社会に向けた転換
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page