Proj
J-GLOBAL ID:202104012420614449  Research Project code:08068905

ボツリヌス毒素無毒成分を用いた腸管ターゲッティングDDSの開発

ボツリヌス毒素無毒成分を用いた腸管ターゲッティングDDSの開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医歯薬学総合研究科, 教授 )
Research overview:
インスリンに代表されるように、ペプチド・タンパク質薬物の経口投与は、体内における不安定さゆえに困難を窮める。本応募課題では、ボツリヌス神経毒素複合体の赤血球凝集活性を示す無毒成分(HA)が小腸上皮細胞上の糖に結合して神経毒素を効率よく腸管から吸収させる特性を利用して、ペプチド・タンパク質保護作用を有する腸管ターゲッティング微粒子を開発することにより、ペプチド・タンパク質薬物の経口デリバリーシステムを目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page