Proj
J-GLOBAL ID:202104012461657241  Research Project code:15656653

糖鎖機能化グラフェンを用いた二次元生体モデルプラットフォームの創成

糖鎖機能化グラフェンを用いた二次元生体モデルプラットフォームの創成
National award number:JPMJCR15F4
Study period:2015 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 産業科学研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR15F4
Research overview:
糖鎖分子を結合したグラフェン上で、ウイルス感染過程を高精度・定量的に再現します。これにより鳥インフルエンザウイルスがヒト感染性を得て世界流行を起こすメカニズムを解明し、インフルエンザ診断の迅速・高感度化を実現します。本研究は、二次元材料の生体モデル化という全く新しい可能性を提案し、ウイルス感染の基礎研究から世界流行阻止の医療応用まで、幅広く貢献します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 二次元機能性原子・分子薄膜の創製と利用に資する基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page