Proj
J-GLOBAL ID:202104012474037501  Research Project code:18069303

電解還元法による酸素酸化反応プロセスの構築

電解還元法による酸素酸化反応プロセスの構築
National award number:JPMJPR18T1
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 国際環境工学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18T1
Research overview:
省エネルギーと高い反応選択性を両立した新しい化学品製造法の創出を目的として、電解還元法による選択的な酸素酸化プロセスを開発します。水素ではなく水を電子源として、酸素原子供与が可能な活性酸素種を能動的に形成し、これまで難しかった炭化水素の酸素酸化反応を制御します。電気化学と触媒化学のアプローチに、反応場の分離と物質移動を制御する化学工学的アプローチを融合させた革新的な反応技術の構築を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 電子やイオン等の能動的制御と反応
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page