Proj
J-GLOBAL ID:202104012551504223  Research Project code:11102225

高含水・高窒素含有バイオマス系廃棄物からの高効率エネルギー生成

高含水・高窒素含有バイオマス系廃棄物からの高効率エネルギー生成
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , フロンティア研究機構 )
Research overview:
本研究は、下水汚泥や焼酎粕などのバイオマス系廃棄物を利用するため、窒素酸化物の排出が少ないクリーンな燃焼システムの開発を目的とする。具体的には、日本側は水熱処理の際の窒素の挙動や、乾燥についての研究を行い、中国側は、廃棄物を発酵する際の脱塩素方法の検討と、得られる乾燥燃料の燃焼実験を行う。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、これまで利用が進んでいなかった、水含量および窒素含量の高いバイオマス系廃棄物の、有効的な利用方法が確立されることが期待される。
Research program:
Parent Research Project: 廃棄物・廃熱などによるエネルギーリサイクル技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page