Proj
J-GLOBAL ID:202104012643357537  Research Project code:08001413

ヒトiPS細胞の分化能と腫瘍化傾向を反映するマーカー遺伝子群の探索

ヒトiPS細胞の分化能と腫瘍化傾向を反映するマーカー遺伝子群の探索
National award number:JPMJCR08I5
Study period:2008 - 2012
Organization (1):
Principal investigator: ( , 免疫・アレルギー科学総合研究センター )
Research overview:
iPS細胞の臨床応用に向けて、それを用いた細胞療法の有効性と安全性を予め示す必要があります。本研究ではそのために、第1に、さまざまなヒトiPS細胞から誘導した造血・免疫細胞を用いたヒト化マウスによる疾患治療モデルの樹立を試みます。第2に、同じヒトiPS細胞の系列細胞を用いて遺伝子発現およびエピゲノム状況をグローバルに明らかにします。これらのデータを相関付けることにより、iPS細胞の有効性と安全性を反映するようなマーカー遺伝子群の抽出を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page