Proj
J-GLOBAL ID:202104012833420855  Research Project code:08062571

BDNF機能障害仮説に基づいた難治性うつ病の診断・治療法の創出

BDNF機能障害仮説に基づいた難治性うつ病の診断・治療法の創出
National award number:JPMJCR0833
Study period:2008 - 2013
Organization (1):
Principal investigator: ( )
Research overview:
抗うつ薬は脳由来神経栄養因子(BDNF)機能亢進作用により治療効果を示すと考えられていますが、抗うつ薬抵抗性を示す難治性うつ病の病態は不明です。本研究では、BDNFの前駆体から成熟体へのプロセッシング障害および分泌障害がうつ病の難治化を引き起こすと想定し、その仮説に基づいたうつ病の分子病態の解明、血中バイオマーカー検索と脳画像診断法などを用いた難治性うつ病の診断・治療法の創出を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 精神・神経疾患の分子病態理解に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page