Proj
J-GLOBAL ID:202104012981627620  Research Project code:11102089

骨及び歯牙由来高度リン酸化タンパク質の硬組織再生への応用

骨及び歯牙由来高度リン酸化タンパク質の硬組織再生への応用
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医歯薬学総合研究科(歯) )
Research overview:
本研究は硬組織特異的に発現し、細胞外基質及び細胞刺激因子としての作用を持つと推定されているDentin sialophosphoprotein (DSPP)タンパクの哺乳類細胞由来組み換えタンパクを作製・精製し、その硬組織再生への応用を検討する事を目的とした。DSPPタンパク及びその開裂産物であるDentin phosphoprotein (DPP) タンパクはその高いりん酸化及び酸性度から哺乳類細胞での精製は困難とされてきた。本研究では、in vitro, in vivo双方で、その機能や効果の解析を行える質と量を得るための方法を確立した。しかし、当初の予定よりもこの精製方法の樹立に時間を要し、期間内にin vivoにおける効果の検討までには至らなかった。今後、これら組み換えタンパク質の硬組織再生への効果の検討をin vitro, in vivo双方で深める予定である。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page