Proj
J-GLOBAL ID:202104013179344121  Research Project code:07050776

完全オリジナルの癌遺伝子治療m-CRAベクターを基盤とした試薬・医薬総合的ベンチャーの創出

完全オリジナルの癌遺伝子治療m-CRAベクターを基盤とした試薬・医薬総合的ベンチャーの創出
Study period:2007 -
Organization (1):
Principal investigator: ( )
Research overview:
増殖型アデノウイルス(CRA)は癌遺伝子治療の新世代ベクターとして期待されているが、標準化された作製技術が無いため医薬開発に向けた研究開発は非効率で、試薬事業化も不可能であった。開発代表者は世界で初めて“多因子で精密に癌を特異化可能”なm-CRAという従来のCRAを遙かに凌ぐ画期的な基盤技術を確立していた。本研究開発ではm-CRA技術を基にした試薬・受託作製事業のための製品化開発を行う一方、本技術を基に開発代表者らが第一弾の医薬品候補として開発したサービビン依存性m-CRA(Surv.m-CRA)を画期的な癌治療医薬として実用化するため、日本発の遺伝子治療の試薬・創薬総合ベンチャー創出し、臨床試験に臨む体制を整える。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page