Proj
J-GLOBAL ID:202104013183084169  Research Project code:11102657

グリシン作動性シナプスの活動依存的形成と臨界期の分子基盤

グリシン作動性シナプスの活動依存的形成と臨界期の分子基盤
National award number:JPMJPR11R9
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 国立遺伝学研究所 新分野創造センター, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR11R9
Research overview:
シナプスは活動、すなわちシナプス伝達により、その形態や受容体の密度など、その特性が変化することが知られています。これまでに、グリシン作動性シナプスの活動依存的形成・維持を、発生過程の動物個体で解析する実験系を構築し、シナプス形成・維持にシナプス入力の必要な時期(臨界期)が存在することを見いだしました。本研究で、シナプスの活動依存的形成・維持とその臨界期制御の分子基盤を解明します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 脳神経回路の形成・動作と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page