Proj
J-GLOBAL ID:202104013195926092  Research Project code:18067432

遺伝子を活性化するDNAルーピング機構の構造基盤の解明

遺伝子を活性化するDNAルーピング機構の構造基盤の解明
National award number:JPMJPR18K9
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 定量生命科学研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18K9
Research overview:
長鎖DNAを介した遺伝子制御機構(DNAルーピング)を理解するために、エンハンサー・プロモーター間相互作用の中核を担うメディエーター複合体の構造を解明します。また、未だ明らかとなっていないエンハンサー領域のクロマチン状態を可視化するために、ヒストン修飾やエンハンサーDNA配列を含むヌクレオソーム、アクチベーター・タンパク質群を調製し、X線結晶構造解析とクライオ電子顕微鏡解析を行います。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page