Proj
J-GLOBAL ID:202104013496268570  Research Project code:08003209

環境保全型優良種子生産に向けた種子検査技術の確立

環境保全型優良種子生産に向けた種子検査技術の確立
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生物資源科学部, 助教 )
Research overview:
水稲の重要病害であるいもち病およびばか苗病は種子により伝染する。病害の発生を防ぐため、化学農薬による種子消毒が一般に行われるが、食の安全性や環境に配慮した農業のあり方が求められる昨今、化学農薬を必要としないクリーンな種子の生産が農業現場で求められている。本研究ではゲノム情報に基づく病害診断法により、いもち病およびばか苗病に対して化学農薬を必要としないクリーンな種子の選別が可能な検査方法を確立する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page