Proj
J-GLOBAL ID:202104013658126007  Research Project code:07051148

材料開発に資する高感度多核固体NMR法の開発

材料開発に資する高感度多核固体NMR法の開発
National award number:JPMJCR0503
Study period:2005 - 2010
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究科, 助教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR0503
Research overview:
固体NMR法は、原子レベルの局所構造とそのダイナミクスに関する情報が得られ実材料の構造解析に有用な手段ですが、検出感度が低いことや、測定対象の核種が水素(1H)や炭素の同位体(13C)など双極子核にほぼ限定されているという問題がありました。本研究では、検出系の冷却やコイルの微小化によって高感度化を図ると共に、四極子核に対する全く新しい発想に基づく高分解能測定法を開発し、先端材料の開発に貢献することを目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 物質現象の解明と応用に資する新しい計測・分析基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page