Proj
J-GLOBAL ID:202104013697883800  Research Project code:08000622

高精度・高感度認識が可能な革新的修飾プローブの開発と応用

高精度・高感度認識が可能な革新的修飾プローブの開発と応用
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命理工学研究科, 助手 )
Research overview:
遺伝子診断を精密かつ高感度に行うために、塩基部アミノ基にアシル基を残したままでも、従来のDNAプローブより高い二重鎖形成能と塩基識別能を有する革新的な修飾DNAプローブ「保護プローブ」を開発する。このプローブの合成過程では、アミノ基の脱保護行程を省略できるため短時間でプローブ合成が可能である。また、従来法では脱保護行程でプローブの大幅な脱離が問題となったが、このプローブでは脱離が全く生じない。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page