Proj
J-GLOBAL ID:202104013719192539  Research Project code:08069092

Biドープシリカファイバを用いたOCT用超広帯域赤外光源の開発

Biドープシリカファイバを用いたOCT用超広帯域赤外光源の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , レーザーエネルギー学研究センター, 助手 )
Research overview:
本研究提案の技術内容は、Optical Coherence Tomography(OCT)用の新規の広帯域光源の開発に関するものである。主体は、我々が2001年に報告したBiドープシリカガラス(BiSG)という新しい蛍光体で、近赤外域1.3μm帯(1.0-1.6μm)において300nmに渡る広帯域な蛍光を示す特徴を持つ。この蛍光体をコアとする光ファイバを製作し、光ファイバベースで、安価なOCT用広帯域光源の開発を行う。目標値は帯域幅が300nm程度、出力が数mWとする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page