Proj
J-GLOBAL ID:202104013814891924  Research Project code:08068779

極晩生・極多収・良食味の品種候補‘村井79号’の西南暖地における適応性の検討

極晩生・極多収・良食味の品種候補‘村井79号’の西南暖地における適応性の検討
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 農学部, 准教授 )
Research overview:
西南暖地においては、温暖化の影響によって登熟期の気温が上昇し、乳白米等の高温障害米が多発して品質が低下する傾向にあり、高温耐性または高温時の登熟を回避する水稲品種の育成が重要な課題である。村井は、気温の低下する秋に登熟する従来の品種より極晩生の系統‘村井79 号’の育成に成功した。村井79 号を高知県内の農家、香川県と福岡県にある試験研究機関で試作し、収量性、食味や品質などの詳細な調査を実施して、実際の生産栽培への検討を行うとともに品種登録のための資料とする。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page