Proj
J-GLOBAL ID:202104013877616770  Research Project code:7700001417

量子構造を用いた遠赤外光技術の開拓と量子物性研究

量子構造を用いた遠赤外光技術の開拓と量子物性研究
National award number:JPMJCR9634
Study period:1996 - 2001
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院総合文化研究科 )
Research overview:
量子ドットや多重量子井戸などの半導体量子構造を用いることによって遠赤外~赤外領域の技術のブレークスルー的進展をはかるとともに、それらを応用して2次元電子系の示す量子輸送現象の理解を格段に進展させます。本研究により遠赤外単一フォトンの検出、連続発振連続波長可変レーザーの開発、2次元電子系のエネルギーおよび運動量分布の局所的測定などの成果が期待できます。
Research program:
Parent Research Project: 量子効果等の物理現象
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page